ホーム > お客様の声 > 10校近くのスクールからThe English Clubを選んだ理由は3つ。
“10校近くの英会話・コーチングスクールからECを選んだポイントは3つ。” “学習プランを作成してもらって独学するつもりでした。小柳さんの説明を聞いて、是非受講したいと感じ即決しました。”
受講生:高田様(40代男性)【個人のお客様】
インタビュー
英語を学ぼうと思ったきっかけを教えていただけますか??
きっかけは、異動により仕事で複数の海外プロジェクトに携わる予定があったからです。また、英語力を向上させ、今後の仕事の範囲を広げたいとも思いました。
ECに通うまではどのように英語を勉強されていましたか??
大学卒業後はまとまった勉強はせず、2年前3ヶ月間集中的にTOEIC対策をしました。
どうしてECを選ばれたのですか??
最も英語力の向上が期待できると感じたからです。選んだポイントは3つあります。

①日本人講師に教えてもらえる(日本語で質問できる)。
②1回のレッスン時間が75分と他に比べて長く、その1週間の学習内容の理解度を十分に確認できる。
③学習方針や到達点が明確である。

異動で英語が必要になってから、10校近く英会話(コーチング)スクールの体験レッスンを受けてみましたが、私にとって

①外国人講師では、説明の細かいニュアンスが理解できなかったり、講師の話を聞き漏らさないことに集中したりするため、効果的でないと感じました。
②短期集中型スクールは、時間と量をこなして出来るようなったつもりになるだけで、定着するか不安でした。
③短期集中型スクールでは宣伝と違って、今の実力なりにしか伸びない、急激な伸びは期待できないと言われました(思えば当たり前ですが)。

ガイダンスでは、自分の目標を伝えると、宣伝にない数年単位長期プランが出されました(費用も長いから安くなるわけではなく、倍倍でした)。また、学習方針が明確なスクールは少なく、実績に基づくスパルタ的なスクールが多いことにも気がつきました。

なかなか良いスクールが見つからず、独学でやるしかないと考えていた時に見つけたのがECです。多くの学習法がホームページに掲載され(そこまで公開して大丈夫かな?と思いました)、学習プランのみの作成もできるとあったので、学習プランを作成してもらって独学するつもりでした。

小柳さんの学習プランの説明を聞いて、是非受講したいと感じ、即決しました。
英語に関する一番の課題はなんでしたか??
語彙・文法力に対して、会話力が極端に低いこと。自覚していましたが、他のスクールでも同じような評価がされました。
その課題を克服されましたか?または克服する方法は見つかりましたか??
まだ道半ばですが、少しずつ見えてきています。特に、会話については日本語の直訳から脱する必要をレッスンを通じて実感し、指導してもらっています。英語学習が生活の一部になってきたので、このまま継続すれば見つかると信じています。
ECの良かったところはどこですか??
学習方法と教材に悩まなくてよいところです。それと学習の負荷を相談しながら少しずつ増やしてもらえるところです。学習量・質が合っているかは、なかなか自分では気づけない点だと思います。
ECの改善した方が良いところはどこですか??
特にありませんが、実力の向上が数値でわかればより良いと思います。それと、まだまだ早いと思いますが、学習効果(会話)を試す機会が欲しいです。

担当講師のことば

小柳講師

高田様は、単語・文法・発音の基礎力はしっかりとしたものがありました。しかし、ご自分でも認識されているように、会話力が伸び悩んでいる状況でした。これは多くの方に共通する悩みだと思います。

インプット(読む・聞く)の能力を上げること(TOEICL/R)の点数を上げることを含む)はそんなに難しくはありません。しかし、アウトプット(話す・書く)の能力を上げることは簡単なことではありません。

第二言語習得研究では、インプットだけでは言語は習得できないというのが主流の考え方です。アウトプットの練習をしなければ、話せるようになることは難しいからです。では、何をすればよいのでしょうか?

話せるようになるためには、大きく分けて2つのことをする必要があります。1つ目は、言語の3つの基本要素である、単語・文法・発音を組み合わせて無限の文章を作れるようにすること。そして2つ目は、よく使用される定型表現・言い回しを覚えることです。この2つのことを同時並行的に強化していくことが最も効率的です。

この2つのうち、大きな壁は1つ目です。現状の高田様は、時間をかければ正確な英文をアウトプットできるようになってきています。それを時間をかけずにアウトプットできるようになるためには、頭の中でセンテンスを作ってから発話するのではなく、センテンスを作りながら発話できるようにしていくことです。

そのためには、自分の言いたいことを自分の英語力で言えるように、なるべく簡単な単語と単純な文法(自分で使える単語と文法は中学英語が目標)で組み立てた簡単な表現にする練習と、使える定型表現・言い回しを覚えていくことです。今後はこれらの点に注力しながら進めて行きましょう!

ECが10校の中から選ばれたというのは知りませんでした。身が引き締まる思いです。改善点として頂きました、実力の向上を数値でお示しする点は、ちょうど体制が整ったところです。一方で、学習効果を試す機会については是非検討させてください。引き続き宜しくお願い致します。

CONTACT

本気で英語を学びたい方は下記の電話番号、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

TOP