ホーム > ブログ > スティーブ・ジョブズの英語❶|スタンフォード卒業式スピーチを徹底解説
公開日:
2019.07.06
更新日:
2019.09.26

スティーブ・ジョブズの英語❶|スタンフォード卒業式スピーチを徹底解説

ジョブズが本当に伝えたかったことを知りたくないですか。

スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)の伝説のスピーチを徹底解説する。日本語訳なしでも理解できるよう、単語と文法をわかりやすくご説明する。日本語訳を読んだだけではわからない、ジョブズの真の言葉を感じて欲しい。

このスピーチは、2005年のスタンフォード大学卒業生に向けたものだが、今なお、世界中の人々に感動を与え続けている。特にビジネスパーソンの皆さまにとっては必聴のスピーチだ。

なお、このコラムを楽しんだ後は、「スティーブ・ジョブズの発音①|スタンフォード卒業式スピーチを徹底解説」でジョブズから本物の英語の発音を学んで頂きたい。

オリジナルのスピーチの画像は「Commencement address delivered by Steve Jobs」で楽しんで頂きたい。

1. スティーブ・ジョブズの英語|1st ストーリー

 

 

(0:00)
Thank You. I am honored to be with you today for your commencement from one of the finest universities in the world. Truth be told I never graduated from college and this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That’s it. No big deal. Just three stories.

honor /ɑ́nər/ (動) 光栄と感じさせる ⇨ be honored to 〜: 〜して光栄です
commencement /kəménsmənt/ (名) 卒業式: 動詞commence /kəméns/ は「始まる」の意。その名詞「始まり」から「卒業式」の意。
truth be told: 「真実は語られる」から「実を言うと」の意。
I (have) never graduated 〜: 現在完了形の “have” が省略されている。
this is the closest I have ever gotten to a college graduation: “this” は「この場」のこと。 “the closest” は「一番近いところ」の意。次の “I” 以下がどのような「一番近いところ」かを説明している。 “closest” の後に “place where (関係副詞)” を入れると理解しやすい。 “get to 〜” は「〜に到達する」。「経験」を表す現在完了形で、全体の意味は「この場所は、私が今までに大学の卒業式というところに到達した一番近いところ」
that’s (that is) it: 「ただそれだけです」の意。“that’s (that is) all” と同じ意。口語では良く使用される。
deal /díːl/ (名) 取引 ⇨ no big deal: 「大きな取引ではない」から「大したことはない」の意。

 

 

(0:55)
The first story is about connecting the dots. I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit. So why did I drop out? It started before I was born. My biological mother was a young, unwed graduate student, and she decided to put me up for adoption. She felt very strongly that I should be adopted by college graduates, so everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife.

connect /kənékt/ (動) ~をつなぐ
dot /dɑ́t/ (名) 点
drop out of 〜: 「〜から落ちる」から「~から中退する」の意。 “out of” = “from”
Reed College: ジョブズが中退したリード大学
stay around: 「周りにとどまる」から「うろうろする」の意。
drop-in: “drop in 〜” は動詞句で「〜 の中に落ちる」から「〜に立ち寄る」の意。名詞の “drop-in” は「立ち寄る人」から「大学の聴講者」(正規の学生ではない)の意。
〜 or so: 「〜もしくはそれくらい」から「〜かそれくらい」の意。
quit /kwít/ (動) やめる
biological /bàiəlɑ́dʒikl/ (形) 生物学の: “biological mother” は「生物学上の母」から「産んでくれた母親」
unwed /ʌ̀nwéd/ (形) 未婚の: “wedding” の “wed”。 “un” は否定の意。
graduate student: 大学院生: 大学生は “undergraduate student”
adoption /ədɑ́pʃən/ (名) 養子縁組 ⇨ adopt /ədɑ́pʃən/ (動) 養子にする
put me up for adoption: “put 〜 up” もしくは “put up 〜” は「〜を上へ置く」の意。全体の意味は「私を養子縁組のために上へ置く」から「私を養子縁組に出す」の意。
graduate /grǽdʒuət/ (名) 卒業生
be all set to 〜: 「〜するために完全に整えられる」の意。: “all” は副詞で「完全に」の意。
at birth: 「生まれた時に」の意。
everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife: “for me to be adopted” は「私が養子に出される」の意。 “to”不定詞の主語は “for 〜” で表す。全体の意味は「私が生まれた時に、弁護士夫妻に養子に出されるよう全てが完全に整っていた。」の意。

 

 

(1:31)
Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl. So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking: “We’ve got an unexpected baby boy; do you want him?” They said: “Of course.” My biological mother found out later that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school. She refused to sign the final adoption papers. She only relented a few months later when my parents promised that I would go to college. This was the start in my life.

except /iksépt/ (接続) (~ということを) 除いて ⇨ Except that 〜: (that以下) であることを除いては。ここでは “when” から “a girl” までのことを除いては、の意。
pop /pɑ́p/ (動) 飛び出す ⇨ pop out: 「パッと飛び出す」から「生まれる」の意。
at the last minute: 「最後の時に」から「土壇場になって」の意。
when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl: “popped out” までで一区切りで「私が生まれた時」の意。つづく文は “at the last minute” をカッコに入れると理解しやすい。 “they decided that 〜” は「彼らは本当に女の子が欲しいということを決心した」の意。
who were on the waiting list: “who” は関係代名詞。先行詞は “my parents”
waiting list: 順番待ちリスト ⇨ be on the waiting list: 順番待ちリストに載っている
got a call in the middle of the night asking 〜: “in the middle of night” をカッコに入れると理解しやすい。 “got a call asking 〜: “asking” の主語は “a call” で「電話を受けたが、その電話は〜を尋ねた」の意。
in the middle of night: 「夜の真ん中に」から「真夜中に」の意。
We have got 〜: = We have 〜 (口語では “got” が入ることがある。)
unexpected /ʌ̀nikspéktid/ (形) 予期しない ⇨ expected /ʌ̀nikspéktid/ (形) 予期された
of course: もちろん
find out that: (that以下の事を) 見いだす、気づく
find out that my mother had never graduated from college: “that” 節内は、“found out” した時より更に過去のため過去完了の形。「母が大学を卒業していなかったことがわかった」の意。
refuse /rifjúːz/ (動) 拒否する
final adoption papers: 養子縁組の最終書類 (契約書)
relent /rilént/ (動) (決意などが) 折れる
She only relented a few months later when my parents promised that I would go to college: “only” はここでは「~になってようやく」の意。 “when” は関係副詞。先行詞は “a few months later” で「(when以下のことが) 起こった数ヶ月後」の意。 “when” 節は「私の両親は、私が大学に行く事を約束した」の意。「私」の両親が約束したのは過去 (promised) で、その過去の時点から、将来「私」が大学に行くという未来のことを言っているので、時制を一致させて “will” ではなく “would” が使われている。

 

 

(2:12)
And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition. After six months, I couldn’t see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out. And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life. So I decided to drop out and trust that it would all work out OK.

I did go to college: 大学に行ったことを強調するために “went to ” ではなく “did go to” としている。
naively /nɑívli/ (副) 無邪気に ⇨ naïve /nɑːíːv/ (形) 単純な (日本語のナイーブの意味はなく、ネガティブの意味のみ)
be as expensive as 〜: 〜と同じくらい費用がかかる
working-class /wə́(ːr)kiŋ/ /klǽs/ (形) 労働者階級の
savings /séivɪŋz/ (名) 貯蓄 ⇨ save /séiv/ (動) 貯金する
tuition /tju(ː)íʃən/ (名) 授業料
all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition: 受動態の過去進行形で「使われていた」の意。
see the value: “see” は「理解する」の意で、「価値を理解する」の意。
I have no idea what (how) 〜: 「(“what (how)” 以下) のことはわからない」の意。
what I wanted to do with my life: “what” は先行詞を含む関係代名詞「〜すること (もの)」の意で、全体では「私が人生でやりたいこと」の意。
figure out 〜: “figure” は動詞で「思う」。 “out” は「完全に」のニュアンス。「〜と完全に思う」から「~を見つける」の意。
help (人) figure out 〜: 「(人) が 〜 を “figure out” することを助ける」の意。help + O + 動詞の原形:Oが〜することを助ける
how college was going to help me figure it out: “how” は先行詞を含む関係副詞「〜する方法」の意。 “it” は “what I wanted to do with my life” を指す。全体では「私がそれを見つけるために大学が助けてくれる方法」から「私がそれを見つけるために、大学がどのように助けてくれるか」の意。
I was spending all of the money my parents had saved their entire life: “money” の後に関係代名詞 “that” もしくは “which” が省略されている。 “had saved” と過去完了となっているが、それは “I was spending” よりも更に過去のため。「私の両親が貯蓄したお金の全てを “spending” していた。」の意。 “their entire life” は「彼らが生涯に」と副詞的に使われている。
trust /trʌ́st/ (動) 信頼する
work out 〜: 結果が~になる
it would all work out OK: “decided (to trust)” した過去の時点から見て未来を表すために、時制を一致させて “will” が “would” となっている。 “all” は副詞で「すっかり」の意。全体では「すっかりうまくいくと信じることを決めた」の意。

 

 

(2:47)
It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me, and begin dropping in on the ones that looked far more interesting. It wasn’t all romantic. I didn’t have a dorm room, so I slept on the floor in friends’ rooms, I returned coke bottles for the 5 cent deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishna temple. I loved it.

pretty /príti/ (副) とても
scary /skέəri/ (形) 怖い
at the time: 当時は
look back: 「後ろを見る」から「振り返る」の意。
ever /évər/ (副) 今までに
but looking back it was one of the best decisions I ever made: “looking back” は分詞構文で “when I look back” の意。通常、分詞構文の意味上の主語 (ここでは “I”) は、文の主語 (ここでは “it”) と同じになるのが原則だが、ここでは異なっている。 “it” は「中退したこと」。 “decisions” の後に関係代名詞 “which” もしくは “that” が省略されている。 “I (have) ever made” は “have” が省略されている。口語ではよくある。「私が今までにした “best decisions”」の意。
the minute (that) S+V: SがVした瞬間に
stop 〜ing: 〜することをやめる (stop to V: Vするために止まる)
required /rikwáiərd/ (形) 必須の
the required classes that didn’t interest me: “that” は関係代名詞で「私の興味を引かない “required classes”」の意。
begin 〜ing: 〜することを始める
drop in on 〜: 〜へ立ち寄る (drop in で「立ち寄る」の意。「どこか」「誰かのところ」に立ち寄るという場合は “on” を付ける)
ones: ここでは “classes” のこと。 その後の “that” は関係代名詞で「 “far more interesting” な “ones”」の意。
look /lúk/ (動) ~のように見える
far more: はるかに
romantic /roumǽntik/ (形) ロマンチックな (直前の “all” は副詞。否定文では、「全てが~というわけではないで」の意。ジョブズはこの “all” をよく使う)
dorm /dɔ́ːrm/ (名) = dormitory 学生寮
deposit /dipɑ́zət/ (名) 保証金
to buy food with: 「食料を買うために」の意。 “with” がなくてもよい様に思えるが、ここでは必要。 例えば “Do you have something to eat?” の場合は “to eat something” と言えるので “to eat” の後は何も必要ない。ここでは “to buy food with 5 cent deposits” となり、 “with” がないと意味が通じない。
I would walk the 7 miles across town every Sunday night: “would” はここでは過去の習慣を表し「〜したものだ」の意。

 

 

(3:23)
And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. Let me give you one example: Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and sans-serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great.

much of 〜: 〜の多く
stumble /stʌ́mbl/ (動) 遭遇する ⇨ stumble into 〜: 〜に遭遇する
curiosity /kjùəriɑ́səti/ (名) 好奇心
intuition /ìntjuíʃən/ (名) 直感
much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition: ここまでが主語。 “what” は先行詞を含む関係代名詞 (上述参照)。全体の意味は「私が直感と好奇心で遭遇した多くのこと」の意。
turn out to be 〜: 結局~であることが分かる
priceless /práislis/ (形) 値段が付けられないほど貴重な
later on: あとで
Let me 〜: 私に〜させてください
at that time: 当時は
offer /ɔ́(ː)fər/ (動) ~を提供する
calligraphy /kəlígrəfi/ (名) カリグラフィー (美しく書かれた手書き文字) ⇨ calligraph /kəlígrəfi/ (動) 美しく書く
instruction /instrʌ́kʃən/ (名) 教育
throughout /θru(ː)áut/ (前) ~のあらゆる場所に
drawer /drɔ́ːr/ (名) 引き出し
every poster, every label on every drawer, was 〜: “every” は単数で受けるため “was”。
normal /nɔ́ːrml/ (形) 通常の
take a class: 授業を受ける
I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to 〜: “didn’t have to 〜” の時、 “decided to 〜” した時より更に過去のため “had dropped” と過去完了になっている。
to learn how to do this: “learn how to 〜” は「〜する仕方を習う」の位。 “this” は “hand calligraphy”。
serif /sérif/ (名) セリフ書体
sans-serif /sæn(z)sérif/ (名) サンセリフ書体
typefaces /táipfèis/ (名) 活字書体
vary /vέəri/ (動) ~を変える
letter /létər/ (名) 文字
combination /kɑ̀mbənéiʃən/ (名) 組み合わせ
about what makes great typography great: “〜 learned about 〜, about 〜, (and) about 〜.” の3つ目の “about”。通常3つ目の前に “and” を入れるが省略されている。 “what” は先行詞を含む関係代名詞 (上述参考)。 “make + O + C” で「OをCにする」の意。全体では「素晴らしいカリグラフィーをより素晴らしくすること」の意。

 

 

(4:03)
It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can’t capture, and I found it fascinating. None of this had even a hope of any practical application in my life. But ten years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me. And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography. If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts.

historical /histɔ́(ː)rikl/ (形) 歴史的な
artistically /ɑːrtístikəli/ (副) 芸術的に
subtle /sʌ́tl/ (形) 繊細な
in a way that S+V: SがVする方法で
capture /kǽptʃər/ (動) 捕らえる
fascinating /fǽsənèitiŋ/ (形) 魅力的
find + O + C: OがCだとわかる
None of A + V: Aのどれもが V ではない
hope /hóup/ (名) 見込み
practical /prǽktikl/ (形) 実用的な
application /æ̀plikéiʃən/ (名) 有用性
None of this had even a hope of 〜: “this” は “calligraphy”。 “even” は (副)「~さえも」の意。全体の意味は「カリグラフィーのどれもが〜の見込みさえ持っていなかった」から「カリグラフィーは全く〜の希望すらなかった」の意。
Macintosh /mǽkintɑ̀ʃ/ (名) マッキントッシュ (= Mac)
it all came back to me: “all” は上述参照。 “come back” は「戻ってくる」から「思い出される」の意。全体では「それがすっかり私に戻ってきた」から「それを全て思い出した」の意。
design A into B: 「BにAを設計した」から「BにA組み入れた」の意。
multiple /mʌ́ltəpl/ (形) 多数の
proportionally /prəpɔ́rʃənəli/ (副) 比例的に
space /spéis/ (動) 間隔を空ける
font /fɑ́nt/ (名) フォント ⇨ proportionally spaced fonts: 均整のとれた間隔のフォント
If I had never dropped in on 〜, the Mac would have never had 〜: 仮定法過去完了。ここでは「もしあの時〜しなかったら、〜しなかったであろう」の意。

 

 

(4:36)
And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer would have them. If I had never dropped out, I would have never dropped in on that calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do. Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college. But it was very, very clear looking backward ten years later.

since /síns/ (接続) ~なので
just /dʒʌ́st/ (副) 単に
likely /láikli/ (形) あり得る ⇨ it is likely that 〜: おそらく〜です
no personal computer would have them: 仮定法過去の主節で「〜であろう」の意。 “them” は “multiple typefaces or proportionally spaced fonts”
If I had never〜, I would have never〜, and personal computers might not have 〜: 仮定法過去完了で、ここでは「もし私が〜していなかったら、私は〜していなかったし、PCは〜していなかったかもしれない。」の意。
that they do: “that” は関係代名詞。 “they” は “personal computers”。 “do” は “have”。で「PCが (今) 持っている (wonderful typography)」の意。
look forward: 「前を見る」から「将来に見る」の意。ここでは “looking forward” と分詞構文で「将来を見ながら」の意。
look backward: 「過去を振り返る」の意。 ここも “looking backward” と分詞構文で「過去を振り返りながら」の意。
it was very clear (to connect the dots) looking backward ten years later: カッコ内が省略されている。「10年後、過去を振り返りながら点をつなぐことは非常に明確だ」から「10年後、過去を振り返ると点がつながることは明確だ」の意。

 

 

(5:06)
Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backward. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something, your gut, destiny, life, karma, whatever. Because believing that the dots will connect down the road will give you the confidence to follow your heart. Even when it leads you off the well-worn path, and that will make all the difference.

somehow /sʌ́mhàu/ (副) 何らかの形で
trust in 〜: 〜を信頼する
gut /gʌ́t/ (名) 直感
destiny /déstəni/ (名) 運命
karma /kɑ́ːrmə/ (名) 宿命
whatever /hwʌtévər/ (代名) 何でも
down the road: 「この道の向こうで」から「将来いつか」の意。
believing that the dots will connect down the road: ここまでが主語。「(“that” 以下のこと) を信じることは」の意。
confidence /kɑ́nfidəns/ (名) 自信
heart /hɑ́ːrt/ (名) 心
give you the confidence to 〜: give + A + B「AにBを与える」。ここでは「あなたに〜する自信を与える」の意。
even when 〜: ~のときでさえ
lead /líːd/ (動) 連れて行く
off /ɔ́(ː)f/ (前) ~から離れて
worn /wɔ́ːrn/ (形) (“wear” の過去分詞) 擦り切れた (ここでは「使い古された」の意。)
path /pǽθ/ (名) (踏み固められてできた) 小道 (ここでは「人が取るべき道筋」の意。)
Even when it leads you off the well-worn path: 「それ (your heart) が、踏み固められた人が取るべき道筋から外れてあなたを導いたとしても」の意。
that will make all the difference: “that” は “to follow your heart”「あなたの心に従うこと」。 “make the difference” は「違いを作る」から「状況を一変させる」の意。 “all” は前述を参照。

つづきは「スティーブ・ジョブズの英語②|スタンフォード卒業式スピーチを徹底解説」で楽しんで頂きたい。

スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学スピーチ
無料eBook
英語独学完全マニュアル
presented by The English Club
英語コミュニケーション力を
独学で効率的に習得する学習法の全て(全74ページ)

英語は独学で習得できます。でも、「自分の学習方法が正しいかどうか」と不安に思っていませんか?本書は、英語の学習法についてお悩みの皆様に、科学的知見に基づいた真に効率的な英語学習法をご紹介することを目的にしています。

無料eBookの主な内容

  • 単語・文法・発音の効率的な基礎力強化方法
  • インプット(読む・聞く)能力向上のための英語脳作りトレーニング法
  • アウトプット(話す・書く)能力向上のためのリハーサル・トレーニング法
  • 学習計画の立て方と効率性を上げるための学習習慣

「英会話スクールに通っているけど思うように上達しない…」「TOEICで高得点を取ったけど話せない」などでお悩みの皆さまも是非ご一読ください。

関連記事

スティーブ・ジョブズの英語❷|スタンフォード卒業式スピーチを徹底解説
2019.07.06
おすすめ英語スピーチ
スティーブ・ジョブズ、自動化、英文法、英単語
2. スティーブ・ジョブズの英語|2nd ストーリー     (5:33) My second story is…
スティーブ・ジョブズの英語❸|スタンフォード卒業式スピーチを徹底解説
2019.07.06
おすすめ英語スピーチ
スティーブ・ジョブズ、自動化、英文法、英単語
3. スティーブ・ジョブズの英語|3rd ストーリー     (8:55) My third story is …
英語勉強の順番|社会人の初心者は3つの基本言語要素から始めよう!
2019.06.14
英語学習法
初心者、発音、英文法、勉強法、第二言語習得研究、英単語
目次1. 英語の勉強はインプットからアウトプットへ!2. 英語の勉強やることリスト|単語・…
スティーブ・ジョブズの発音①|スタンフォード卒業式スピーチを徹底解説
2019.07.06
おすすめ英語スピーチ
スティーブ・ジョブズ、自動化、発音
1. スティーブ・ジョブズの発音|1st ストーリー     (0:00) Thank You. I am ho…
スティーブ・ジョブズの発音②|スタンフォード卒業式スピーチを徹底解説
2019.07.06
おすすめ英語スピーチ
スティーブ・ジョブズ、自動化、発音
2. スティーブ・ジョブズの発音|2nd ストーリー     (5:33) My second story is…
この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう
執筆者プロフィール
小柳 恒一
  • 1999年ロンドン大学大学院ロンドン・ビジネス・スクールにてMBA取得。1997年TOEFL630点取得。2003年TOEIC990点取得。2004年米国公認会計士試験合格。2010年4月中小企業診断士登録。
  • 2000年よりリーマン・ブラザーズ等にて13年以上M&Aのアドバイザリー業務に携わる。
  • 2010年より中堅・中小企業を対象とした事業継承M&Aコンサルティング事業を開始。
  • 2013年よりThe English Clubの前身となるEnglish Tutors Network事業を開始。
英語は学習方法で決まる。
徹底して科学的根拠にこだわったThe English Clubの英語学習法は、
今までにない効率的な英語習得を目指します。

CONTACT

本気で英語を学びたい方は下記の電話番号、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

TOP