ホーム > ブログ > 英語【不定詞】※話すための英文法|基本から発展を徹底解説!
公開日:
2020.09.17

英語【不定詞】※話すための英文法|基本から発展を徹底解説!

英語の「不定詞」とは「to + 動詞の原形」のことだと考えてよい。「to不定詞」ともいう。基本的な意味と使い方は下記の例文のように3つある。

He is going to London to study English.
(彼は英語を勉強するためにロンドンに行く予定だ。)
I don’t have time to sleep.
(私は寝るための時間がない。)
Our plan is to build a new house.
(我々の計画は新しい家を建てることだ。)

「不定詞」は奥が深い。実は「to不定詞」の他にも「原形不定詞」(もしくは「toなし不定詞」)というのもある。また、「to」の後に進行形がくる「進行形の不定詞」や、完了形がくる「完了形の不定詞」など、色々なバージョンがある。

このコラムでは、それら発展的なことも含めて、「英語を話すため」に必要となる「不定詞」だけを徹底的にご説明する。

1. 【超基本】英語の不定詞とは?

若葉

He is going to London to study English.
(彼は英語を勉強するためにロンドンに行く予定だ。)

上の例文の「to study(勉強するために)」(to + 動詞の原形)の部分を「不定詞」(もしくは「to不定詞」)と呼ぶ。

「不定詞」とは「定まりのないことば」と書くが、これは「主語」や「時制」の「定め」なく(つまり、「主語」や「時制」の影響を受けずに)動詞を使うときの形なので「不定詞」と呼ばれている。

例えば上記の例では、「is」の原形は「be」だが、主語が「He」であり、「現在」を表しているため「is」という形に「定まって」いる。しかし、不定詞の「study」は主語や時制の定まりなく原形のままなので「不定」詞と呼ばれている

なお、このコラムでは、後で説明する「原形不定詞」(「toなし不定詞」)と区別するために、「to + 動詞の原形」のことを「to不定詞」と呼ぶことにするが、一般的に「不定詞」と言った場合は「to不定詞」だと考えてよい。

2. 英語の不定詞|【超基本】意味と使い方

若葉

「to不定詞」は基本の3つの使い方がある。それぞれ意味が異なるので注意が必要だ。

2.1. 不定詞の副詞的用法

既に紹介した下記の例文の「to不定詞」は、「〜するために」という意味だ。この例では「勉強するためにロンドンに行く」なので、「to不定詞」の「to study」は、「go」(行く)を修飾している。動詞を修飾しているので「副詞的用法」の「to不定詞」と呼ぶ。

He is going to London to study English.
(彼は英語を勉強するためにロンドンに行く予定だ。)

なお「副詞」とは、名詞以外を修飾することばである。名詞を修飾するのは形容詞であり、動詞・形容詞・副詞など、形容詞が修飾できないものを修飾するのが「副詞」である。

2.2. 不定詞の形容詞的用法

I don’t have time to sleep.
(私は寝るための時間がない。)

上記の例文の「to不定詞」は、「〜するための」という意味だ。この例では「寝るための時間」なので、「to不定詞」の「to sleep」は、「time」(時間)を修飾している。名詞を修飾しているので「形容詞的用法」の「to不定詞」と呼ぶ。

2.3. 不定詞の名詞的用法

Our plan is to build a new house.
(我々の計画は新しい家を建てることだ。)

上記の例文の「to不定詞」は、「〜すること」という意味で名詞の役割をしている。名詞の役割をしているので「名詞的用法」の「to不定詞」と呼ぶ。

「to不定詞」の基本の3つの使い方について、よく使用される動詞やフレーズと共に更に詳しく説明していく。

3. 英語の不定詞|【基本】副詞的用法の例文と詳細解説

若葉マーク

He has to go to the station to meet his friend.
(彼は友人に会うために駅に行かなければならない。)

「to不定詞」の「to meet」は、動詞の「go」を修飾しているので「副詞的用法」であり、「〜するため」という動作の「目的」を表している。

I’m happy to hear that.
(私はそれを聞いて嬉しいです。)

上記の例文では、「聞いて嬉しい」なので、「to不定詞」の「to hear」は、形容詞の「happy」を修飾している。同じ「副詞的用法」なのだが、「〜して」という感情の「原因」を表している。

I was careless to make such a mistake.
(そのような間違いをするとは私は不注意だった。)

上記の例文では、「to make」は形容詞の「careless」を修飾しているので「副詞的用法」である。しかし今度は「〜とは」という判断の「根拠」を表している。

4. 英語の不定詞|【基本】形容詞的用法の例文と詳細解説

若葉マーク

We need some money to buy food.
(我々は食べ物を買うためのお金が必要だ。)

「to不定詞」の「to buy」は、名詞の「money」を修飾しているので「形容詞的用法」である。ちなみに、「to buy」は動詞「need」を修飾していると考えることもできる(「買うために必要だ」)。その場合「to不定詞」は「副詞的用法」の「目的」を表すことになる。

He’s looking for someone to help with his assignment.
(彼は仕事を手伝ってくれる人を探している。)

上記の例文では、「to help」は名詞の「someone」を修飾しているので「形容詞的用法」である。ちなみに、この例文では「to不定詞」に修飾される名詞が「to不定詞」の「主語」になっている。

I have a lot of things to do.
(私はすべきことがいっぱいある。)

上記の例文では、「to do」は名詞の「things」を修飾しているので「形容詞的用法」である。ちなみに、この例文では「to不定詞」に修飾される名詞が「to不定詞」の「目的語」になっている。

I made a decision to leave the company.
(私は会社を去ることを決定した。)

上記の例文では、「to do」は名詞の「decision」を修飾しているので「形容詞的用法」である。ちなみに、この例文では「to不定詞」が、修飾する名詞の内容を「説明」している。

5. 英語の不定詞|【基本】名詞的用法の例文と詳細解説

若葉マーク

To see is to believe.
(見ること信じること。「百聞は一見にしかず」)

上記の例文では、「to see」(見ること)も「to believe」(信じること)も両方「to不定詞」の名詞的用法だ。ちなみに「to see」は「主語」、「to believe」は「補語」の役割をしている。

I want to visit many countries.
(私は多くの国を訪れることを望む。→ 多くの国を訪れたい。)

上記の例文では、「to visit」(訪れること)は「to不定詞」の「名詞的用法」だ。「to visit」は動詞の「want」の「目的語」の役割をしている。

 

「to不定詞」の用法について、よく使用される動詞やフレーズとともに発展的なことを更に詳しく説明していくが、その前に、知っておくと「to不定詞」の理解がより深まる「動名詞」とのニュアンスの違いを説明しておく。

6. 英語の不定詞|【発展】動名詞とのニュアンスの違い

卒業の帽子

「to不定詞」は、「これから先のこと」(未来)のニュアンスが含まれていることを理解しておいてほしい。もともと「to」は「〜へ」という「何かに向かっている」ニュアンスがあるからだ。

① (It’s) nice to meet you.
(お会いできて嬉しいです。)

② (It’s) nice meeting you.
(お会いできて嬉しかったです。)

上記の2つの例文は、両方とも初めて会った人への挨拶のことばだが、使う場面が異なるので注意してほしい。①は、初めて会った人に最初に言うことばであり、②は、初めて会った人と別れる時に言うことばである。

「to不定詞」は、初めて会ってこれから話そうとしている「未来」のニュアンスがあるのに対し、「動名詞」(動詞の-ing形)は、初めて会ったことが嬉しかったという「過去」のニュアンスがある。

 

「動名詞」(動詞の-ing形)には「過去」のニュアンスがあることも覚えておくと、「to不定詞」との違いを理解するとき非常に便利だ。なお、英語の動名詞についての詳細は「英語【動名詞】※話すための英文法!基本から発展を徹底解説」を参考にしてほしい。

7. 英語の不定詞|【発展】その他重要な例文と詳細解説

卒業の帽子

英語の不定詞は奥が深い。発展的もののうち、英語を使うときに必要なことを説明しよう。

7.1. 否定の不定詞

I decided not to go to the party.
(私はパーティに行かないことを決めた。)

「to不定詞」を否定する場合は直前に「not」を置く。ちなみに「decide」は「to不定詞」を使うことができる動詞の一つ。

7.2. 進行形の不定詞

She pretended to be reading a book.
(彼女は本を読んでいることを装った。→ 読んでいるふりをした。)

上記の例文では、「to」のあとに「be + 動詞の -ing形」を置いて、動作が進行していることを表している。ちなみに「pretend」は「to不定詞」を使うことができる動詞の一つ。

7.3. 完了形の不定詞

He claimed not to have received the letter.
(彼は手紙を受け取っていないことを主張した。)

上記の例文では、「to」のあとに「have + 動詞の過去分詞形」を置いて、過去のある時点より更に過去のことを表している。ここでは、「claimed」する以前に「手紙を受け取っていない」ことを表している。ちなみに「claim」は「to不定詞」を使うことができる動詞の一つ。

7.4. 疑問詞 + 不定詞

He asked how to get to the airport.
(彼は空港への行き方を聞いた。)

上記の例文では、疑問詞「how」に「to不定詞」をつけて「〜のしかた」という意味を表している。「how + to不定詞」(〜のしかた)の他にも、「what + to不定詞」(〜すべきこと/もの)、「where + to不定詞」(〜すべき場所)、「when + to不定詞」(〜すべき時)、「who + to不定詞」(〜すべき人)、「whether + to不定詞」(〜すべきかどうか)などがある。

7.5. 動詞 + 人/物 + to不定詞

① I want you to join the meeting.
(私はあなたにミーティングに参加してほしい。)

② I want to join the meeting.
(私はミーティングに参加したい。)

上記の例文①は、動詞と「to不定詞」の間に「you」という「人」が入っている。「you」を入れなければ、例文②のように「私が参加したい」という意味になるが、「you」を入れると「あなたに参加してほしい」という意味になる。

このような使い方ができる動詞は、「ask」「expect」「help」「would like」などがある。

My mother told me not to play video games.
(母は私にビデオゲームをしないように言った。)

上記の例文も「動詞 + 人 + to不定詞」の形で、「to不定詞」の意味上の主語(「playする人」)が「me」になっているが、「tell」の場合はそのあとに必ず「人」を入れなければならない。

このような使い方ができる動詞は、「remind」「invite」「teach」「advise」などがある。

7.6. 原形不定詞(toなし不定詞)

Hot weather makes me feel tired.
(暑い天候は私に疲れを感じさせる。)

上記の例文は、「動詞 +人/物 + 原形不定詞(toなし不定詞)」の形になっている。「原形不定詞(toなし不定詞)」は、単に「動詞の原形」と理解していてもよい。主語や時制の定まりなく原形のままの動詞を「不定詞」と呼ぶので、これも厳密には「不定詞」である。

このような形をとる動詞は、「make」の他にも「let」「have」がある。これらの動詞は「使役動詞」と呼ばれ、「〜させる」という意味を表す。

I heard somebody say hello to me.
(私は誰かが私に「hello」と言ったのを聞いた。)

上記の例文も、「動詞 + 人/物 + 原形不定詞(toなし不定詞)」の形になっているが、今度は動詞が「hear」という「知覚動詞」である。「知覚動詞」の場合も原形不定詞(toなし不定詞)をとる。

このような形をとる「知覚動詞」は、「hear(聞く)」の他に、「listen to(聴く)」「watch(見る)」「feel(感じる)」などがある。すべて「感覚」(知覚)を表す動詞である。

7.7.「remember + to不定詞」vs.「remember + -ing」

You should remember to meet him tomorrow.
(あなたは明日彼に会うことを覚えておくべきだ。)

I don’t remember meeting him yesterday.
(私は昨日彼に会ったことを覚えていない。)

「remember + to不定詞」は、「未来」にすることを「覚えている」という意味で、「remember + -ing」は、「過去」にしたことを「覚えている」という意味である。

既に説明した、「to不定詞」は「未来」のニュアンスがあるのに対し、「動名詞」(動詞の-ing形)は「過去」のニュアンスがあるという一つの例だ。

7.8.「regret + to不定詞」vs.「regret + -ing」

I regret to inform you that we are unable to accept your offer.
(残念ですが、我々はあなたの提案を受け入れることができません。)

I regret not accepting your offer.
(あなたの提案を受け入れなかったことを後悔している。)

「regret + to不定詞」は、「これからすること」を「残念に思う」という意味なのに対して、「regret + -ing」は、「過去にしたこと」を「後悔している」という意味になる。

これも、「to不定詞」は「未来」(これからのこと)、「動名詞」(動詞の-ing形)は「過去」のニュアンスがあるという例である。

7.9.「try + to不定詞」vs.「try + -ing」

I tried to move the sofa, but I couldn’t.
(私はソファを動かそうとしたが、できなかった。)

I tried moving the sofa to the other side of the room.
(私は試しにソファを部屋の反対側に動かしてみた。)

「try + to不定詞」は「〜しようと試みる」という意味であるのに対し、「try + -ing」は「試しに〜してみる」という意味になる。

「to move」は、「動かす」方向に向かっているという「未来」のニュアンスがある一方で、「moving」は「動かした」という「過去」のニュアンスがあるので、このような意味の違いになる。

7.10.「afraid + to不定詞」vs.「afraid + -ing」

① My son is afraid to go near the dog.
(私の息子は、怖くて犬の近くに行けない。= 行くのが怖い。)

② My son is afraid of being bitten by the dog.
(私の息子は犬に噛まれることが怖い。)

「afraid」の違いを理解するのは少々難しい。「afraid + to不定詞」も「afraid + -ing」も、日本語にすると「〜するのが怖い」と訳せるからだ。しかし、英語ではニュアンスの違いがある。

「afraid + to不定詞」は、するかしないか「自分で選択できること」をするのが「怖い」というときに使う。例文①では、犬の近くに行くという「選択」をすることが「怖い」のだ。選択をするという「未来」のニュアンスがある。

一方で、「afraid + -ing」は、「自分で選択できないこと」について「結果」を「怖がる」ときに使う。例文②では、犬に噛まれてしまうのではないかという「結果」が「怖い」のだ。「結果」という「過去」のニュアンスがある。

7.11.「interested + to不定詞」vs.「interested in + -ing」

① I was interested to know what she thinks.
(彼女が考えていることを知ったことは興味深かった。)

② I am interested in buying a new car.
(私は新しい車を買うことに興味がある。)

「interested + to不定詞」の「to不定詞」は、形容詞の「interested」を修飾している「副詞的用法」だと考えればよい。例文①では、「to know」は「interested(興味深い)」を修飾しており、「〜を知って」という感情の「原因」を表している。

一方で、例文②は「be interested in + 名詞」で「〜に興味がある」という「interest」の一般的な使い方だ。単に「名詞」のところを「動名詞」にしているだけだ。

7.12.「sorry + to不定詞」vs.「sorry for + -ing」

I’m sorry to hear that you can’t come to the party.
(あなたがパーティに来れないことを聞いて残念です。)

I’m sorry for saying bad things about you.
(あなたについて悪いことを言ってすみません。)

「sorry+ to不定詞」の「to不定詞」も、上記の「interested to 不定詞」と同様に、形容詞の「sorry」を修飾している「副詞的用法」だと考えればよい。例文①では、「to hear」は「sorry(残念である)」を修飾しており、「〜を聞いて」という感情の「原因」を表している。

一方で、例文②の「sorry for + -ing」は、「過去」にしたことについて「残念」だという気持ち(謝罪)を表す。

7.13.「to不定詞」vs.「for + -ing」

① This washing machine is for washing clothes.
(この洗濯機は衣服を洗うためのものです。)

② I went to the laundromat to wash your pants.
(私はあなたのパンツを洗うためにコインランドリーに行った。)

例文①の「この洗濯機は衣服を洗うためのもの」のように「用途」を説明する場合は「for + -ing」を使う。一方で、例文②の「パンツを洗うために」のように「目的」を表す場合には「to不定詞」を使う。

7.14. 形容詞 + to不定詞

① It is difficult to learn English.
(英語を習うことは難しい。)

② English is difficult to learn.
(英語は習うことが難しい。)

上記の例文①と②は同じ意味だが、「to不定詞」の用法が異なる。

例文①は「to不定詞」の「名詞的用法」である。「To learn English is difficult.」の「To learn English」を仮主語の「It」に置き換えて、「to learn English」を「difficult」の後にもってきている。いわゆる「It-to構文」だ。一方で、例文②の「to learn」は、形容詞「difficult」を修飾している「副詞的用法」の一種である。

また、例文①に「learn」の動作の主体(主語)を入れるには、下記の例文③のように、「to不定詞」の前に「for + 主語」を挿入すればよい。

③ It is difficult for me to learn English.
(私が英語を習うことは難しい。→ 私にとって英語を習うことは難しい。)

7.15.「to不定詞の副詞的用法」の番外編

She grew up to be a good business person.
(彼女は成長してよいビジネスパーソンになった。)

上記の例文は「to不定詞の副詞的用法」の一例だが、「副詞的用法」のところで説明しなかった。なぜなら口語では使われないからだ。したがって読んだときに理解できればよい。

ここでは、文の構造上「to be」は句動詞の「grew up」を修飾しているので「副詞的用法」ではあるが、意味は「成長して、〜になった」と「結果」を表している。

祝福
無料eBook
英語独学完全マニュアル
presented by The English Club
英語コミュニケーション力を
独学で効率的に習得する学習法の全て(全74ページ)

英語は独学で習得できます。でも、「自分の学習方法が正しいかどうか」と不安に思っていませんか?本書は、英語の学習法についてお悩みの皆様に、科学的知見に基づいた真に効率的な英語学習法をご紹介することを目的にしています。

無料eBookの主な内容

  • 単語・文法・発音の効率的な基礎力強化方法
  • インプット(読む・聞く)能力向上のための英語脳作りトレーニング法
  • アウトプット(話す・書く)能力向上のためのリハーサル・トレーニング法
  • 学習計画の立て方と効率性を上げるための学習習慣

「英会話スクールに通っているけど思うように上達しない…」「TOEICで高得点を取ったけど話せない」などでお悩みの皆さまも是非ご一読ください。

無料Email Newsletter
presented by The English Club
英語学習をサポートするニュースレターを配信中!
是非ご購読ください!
月曜日
「英語の名言」
火曜日
「英語の語源」
水曜日
「英語の発音」
木曜日
「ビジネス英語」
金曜日
「英語のプレゼン」
土曜日
「英語学習FAQ」
この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう
執筆者プロフィール
小柳 恒一
  • 1999年ロンドン大学大学院ロンドン・ビジネス・スクールにてMBA取得。1997年TOEFL630点取得。2003年TOEIC990点取得。2004年米国公認会計士試験合格。2010年4月中小企業診断士登録。
  • 2000年よりリーマン・ブラザーズ等にて13年以上M&Aのアドバイザリー業務に携わる。
  • 2010年より中堅・中小企業を対象とした事業継承M&Aコンサルティング事業を開始。
  • 2013年よりThe English Clubの前身となるEnglish Tutors Network事業を開始。
英語は学習方法で決まる。
徹底して科学的根拠にこだわったThe English Clubの英語学習法は、
今までにない効率的な英語習得を目指します。

CONTACT

本気で英語を学びたい方は下記の電話番号、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

TOP