ホーム > ブログ > 英語【形容詞の順番】※名詞を前から修飾する並び順を徹底解説
公開日:
2020.06.07
更新日:
2020.06.08

英語【形容詞の順番】※名詞を前から修飾する並び順を徹底解説

英語:形容詞の順番

「英語」では名詞を修飾する場合、その名詞の前に「形容詞」を置く。いくつかの「形容詞」を並べるときの「順番」は上図の通りだ。これはあくまで「通常」の並べ方であり、「絶対」ではない。

具体的な形容詞と例文を紹介しながら詳しく説明しよう。

1. 形容詞の順番|例文のまとめ

形容詞の順番を説明するために、このコラムで取り上げる全例文を下表にまとめた。

英語:形容詞の順番の例文

「意見」を表す形容詞を先に置き、次に「事実」を表す形容詞を並べる。「事実」の形容詞が複数ある場合は、その並べ方にある程度の規則がある。順を追って詳しく説明していく。

2. 形容詞の順番|「意見」から「事実」へ

名詞の前にいくつかの形容詞を並べる場合は、まずは「意見(opinion)」を表す形容詞を最初に持ってくる。

英語:意見と事実を表す形容詞の順番

形容詞の並べ方を理解するためには、2種類の形容詞を理解する必要がある。「意見」を表す形容詞と、「事実(fact)」を表す形容詞だ。

「意見」を表す形容詞とは、「nice(いい)」「interesting(興味深い)」「horrible(ひどい)」のように、話し手が修飾する名詞についてどのように思っているかを表す形容詞だ。つまり、話し手の「主観的な評価」を表す形容詞である。

一方で、「事実」を表す形容詞とは、「small」「black」「new」のように、大きさや色、新しいか古いかなどの「客観的な事実」を表す形容詞である。

冠詞等
(article,etc)
形容詞
「意見」
(opinion)
形容詞
「事実」
(fact)
名詞
(noun)
anice
(いい)
long
(長い)
vacation
(休暇)
somepretty
(可愛い)
tiny
(小さい)
flowers
(花)
abeautiful
(美しい)
black
(黒い)
hair
(髪)
thedelicious
(美味しい)
large tomato
(大きいトマトの)
pizza
(ピザ)
aninteresting
(面白い)
old Spanish
(古いスペインの)
painting
(絵画)

3. 形容詞の順番|「事実」の並べ方

「事実(fact)」を表す形容詞を複数並べる場合がある。その並べ方の順番は、それぞれの形容詞が表す内容によって決まる。下記の順番で並べることが「通例」である。しかし、これは「絶対」ではないことに注意してほしい。

英語:事実を表す形容詞の順番
冠詞等
(article,etc)
事実を表す形容詞
(fact)
名詞
(noun)
a① → ② → ③
small round ancient
(小さい丸い古代の)
coin
(硬貨)
a① → ④ → ⑥
large red brick
(大きい赤いレンガの)
house
(家)
that② → ③ → ⑤
thin young Japanese
(痩せた若い日本人の)
man
(男)
my③ → ④ → ⑥
old black leather
(古い黒い皮の)
jacket
(ジャケット)
your④ → ⑤ → ⑥
pink Italian silk
(ピンクのイタリアの絹の)
dress
(ドレス)

4. 形容詞の順番|その他の気を付けたいこと

4.1. 「大きさ」「長さ」は「形」「幅」より前

上図①「大きさ(How big?)」には、「大きさ(サイズ/size)」のほかに、「長さ(length)」や「幅(width)」が含まれている。

「大きさ(サイズ/size)」や「長さ(length)」を表す形容詞は、通常、上図②「形(what shape?)」や「幅(width)」を表す形容詞よりも前に置く。

英語:大きさと長さと形と幅を表す形容詞の順番
冠詞等
(article,etc)
形容詞
「大きさ・長さ」
(size/length)
形容詞
「幅・形」
(shape /width)
名詞
(noun)
abig
(大きい)
round
(丸い)
table
(テーブル)
atall
(背の高い)
fat
(太った)
boy
(男の子)
along
(長い)
wide
(広い)
street
(道)
twosmall
(小さい)
thin
(細い)
cats
(ねこ)
alarge
(大きい)
triangle
(三角形の)
house
(家)

4.2. 「色」を並べる場合は「and」が必要

「white」「black」「red」などの「色(color)」を表す形容詞を2つ以上並べる場合は、通常「and」を入れる。「色」以外の形容詞には通常「and」は入れない。

英語:色を表す形容詞を2つ以上並べる場合の順番
冠詞等
(article,etc)
形容詞
「色」
(color)
名詞
(noun)
yourblack and white
(黒と白の)
shirt
(シャツ)
abrown and white
(茶色と白の)
cat
(ねこ)
thered, green and yellow
(赤と緑と黄色の)
lights
(ライト)

4.3. 名詞を形容詞として使用する場合は名詞の直前

名詞をそのままの形で形容詞として使用する場合は、名詞の直前に置く。

英語:名詞を形容詞として使用する場合の順番
冠詞等
(article,etc)
形容詞
名詞を形容詞として
使用する場合
名詞
(noun)
atennis
(テニスの)
player
(競技者)
asoccer
(サッカーの)
field
(競技場)
aspace
(宇宙の)
travel
(旅行)
祝福
無料eBook
英語独学完全マニュアル
presented by The English Club
英語コミュニケーション力を
独学で効率的に習得する学習法の全て(全74ページ)

英語は独学で習得できます。でも、「自分の学習方法が正しいかどうか」と不安に思っていませんか?本書は、英語の学習法についてお悩みの皆様に、科学的知見に基づいた真に効率的な英語学習法をご紹介することを目的にしています。

無料eBookの主な内容

  • 単語・文法・発音の効率的な基礎力強化方法
  • インプット(読む・聞く)能力向上のための英語脳作りトレーニング法
  • アウトプット(話す・書く)能力向上のためのリハーサル・トレーニング法
  • 学習計画の立て方と効率性を上げるための学習習慣

「英会話スクールに通っているけど思うように上達しない…」「TOEICで高得点を取ったけど話せない」などでお悩みの皆さまも是非ご一読ください。

無料Email Newsletter
presented by The English Club
英語学習をサポートするニュースレターを配信中!
是非ご購読ください!
月曜日
「英語の名言」
火曜日
「英語の語源」
水曜日
「英語の発音」
木曜日
「ビジネス英語」
金曜日
「英語のプレゼン」
土曜日
「英語学習FAQ」
この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう
執筆者プロフィール
小柳 恒一
  • 1999年ロンドン大学大学院ロンドン・ビジネス・スクールにてMBA取得。1997年TOEFL630点取得。2003年TOEIC990点取得。2004年米国公認会計士試験合格。2010年4月中小企業診断士登録。
  • 2000年よりリーマン・ブラザーズ等にて13年以上M&Aのアドバイザリー業務に携わる。
  • 2010年より中堅・中小企業を対象とした事業継承M&Aコンサルティング事業を開始。
  • 2013年よりThe English Clubの前身となるEnglish Tutors Network事業を開始。
英語は学習方法で決まる。
徹底して科学的根拠にこだわったThe English Clubの英語学習法は、
今までにない効率的な英語習得を目指します。

CONTACT

本気で英語を学びたい方は下記の電話番号、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

TOP